RSS | ATOM | SUCHE
Excel→PDICでロシア語やドイツ語の用語集 2009
さて今年はロシア語にはまっているのですが、vaioのキーボードの調子が悪かったため、PDIC の辞書を作ることができず、もっぱら MacBook の Excel で用語集を作っていました。

まずは、テキストの後ろにある、単語帳を入れてみました。

シートは講座ごと。(黒田先生の初級編、中級編、熊野谷先生)
講座名の列と、初出の課の列を作る。
ロシア語の列と、訳語の列を作る。

最初は Russian phonetic、少しキリル文字に慣れてきてからは Russian で入力しました。最初の頃はとくにタイプミスが多いだろうと思います。

そして、入れ終わったところで、全部の講座をひとつにまとめたシートを作ってみました。

また、Russlandjournal.de というところで、ドイツ語でロシア語を教えてくれるプログラムがあるので、そこにでてきた単語もExcelにどんどん入れていきました。

だんだん増えてくると、使い慣れた PDIC に戻りたくなってきました・・・

そこで、ネットで安く買えるUSBキーボードを調達し、vaio を復活させました!

mac 2008 ではExcelブックが xlsx だかなんだかの形式になるので、2004までの形式で保存しなおし、それをvaioにコピーして Excel 2003 で開きます。
PDIC は unicode 版が新しくなっていますが、うちは MacBook の PDICviewer で使うことが前提なので、旧版の 0.70 を使います。

そして、Excelに入れたものを、PDIC にどんどんコピペしていきます。

PDIC テキスト形式とかCSVとかにする手もあるんでしょうが、ロシア語を少しでも多く「見る」のも勉強のうちですから、手作業でやりました(といってもコピペだからそんなにしんどくないです)。

しばらくは、とにかくMacのExcelで用語集を作り、それを PDIC に移していましたが、だんだん語彙が増えてくると、直接 PDIC で入れた方がよくなってきました。

そして、変化形から原形がひけた方がいいな、とか、アクセントがわかった方がいいな、とかいろいろ考えて、現在のところは

rj.dic 露和・和露
rv.dic ロシア語の語形変化中心
rd.dic 露独・独露
dj.dic 独和・和独
dv.dic ドイツ語の語形変化中心

というのをセットにしてつくっています。(辞書のページで公開中。)
ドイツ語もやり直そうと思って。
それに、ドイツ語でロシア語を習うと、とてもわかりやすいのです。
格変化の概念があるからでしょうか。

MacBookでの PDIC 辞書の利用については、項目をわけようと思います。

10/31 追伸です。

PDICで入力するときに、ロシア語キーボードを使っているのですが、言語バーの設定で

ctrl+shift+0 で 日本語 - ATOK
ctrl+shift+9 で ロシア語 - タイプライタ
ctrl+shift+8 で ロシア語 - ロシア語

になるようにしています。

word欄にロシア語で入力したあと、訳語を入れるためにリターンする前に、日本語に戻しておいた方がいいようです。
他の言語も入れることが多いので、PDICでのIMEオンはしない設定です。これも日本語キーボードに戻しておかないと効かないみたいです。
あと、辞書設定 alt+R も、ロシア語キーボードのままでは効かないようなので、これが必要な場合は日本語に戻しています。タブで動いてもいいんですけどね。

ときどき固まることがあるんですが、その場合も「いったん日本語に戻す」ことで対処しています。

昨日から入れている、伊独辞書の場合は、ドイツ語キーボード(ctrl+shift+7にしてある)のままで入力できます。

PDIC unicode 5.3 はだいぶ操作体系が変わっているようでした。今は作成メインでMacでの利用が前提なので、0.70を愛用しております。ちょっと不安定なんですけどね・・・。

なお、ロシア語キーボード配列にもいろいろあるようなので、ぺたぺた打って一覧を作ってみました。→こちらです。
にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村
応援してくださる方は、Amazon からお買い物の時に次のリンクから買っていただけますと幸いです。→Amazon

Autorin: Joe , Kategorie «pdic辞書など» , 29.10.2009 10:18 JST