RSS | ATOM | SUCHE
ScanSnapでラジオ講座のテキストをEvernoteにとりこむ! 3
さて取り込んだJPEGですが。
理論上はページ順に並んでるはずなんです。
ええ。理論上は。

ところが、ジャムったり2枚くっついたりしてやり直したり、
ページ順を逆に入れてしまったり、
14桁の時刻によるファイル名になんか 0000 みたいなのがついて桁数が増えて後ろにまわったり、

と、必ずしもうまくいかないんですな

そこで、月ごとのフォルダの中で、
ページ番号をファイル名にしていきます。

この点、Windowsよりマックの方が楽なんですね。
Windowsだとファイル名をかえようと選択すると、
拡張子まで全部はいってきますが(少なくともうちのXPのVAIOはそうだった)、
マック(Leopard, Snow Leopard とも)は
拡張子は別扱いにしてくれるので。

そしてプレビューなどでチェックしていくと

横を向いていたり
上下逆だったり

・・・・あのぉぉ・・・・・

英語と日本語しか入ってないんですけど・・・・

基礎英語のテキスト、とくに絵の多い部分は
向きをうまく判定してくれないことも多いようです。

そういう時はちゃちゃっと command+LまたはRで回転させて保存。

そしてページ番号をどんどん打っていくと、勝手に順番に並びます。

こりゃーぐちゃぐちゃやね。
というページには、たとえば 52x.jpg みたいに x マークをつけます。

「解答&スクリプト」のページが始まったところは
92scr.jpg みたいにマークをつけます。

「Words & Phrases」のページは 102w.jpg
「英語のギモン Q&A」みたいなやつは 106q.jpg

なんて感じでマークをつけておくと、どこからが付録かよくわかります。
(目次をメモっておくとさらに楽)

やり直しなどでダブったところは 32.jpg と 32b.jpg みたいに
テキトーにマークをつけておきます。

それが終わったら、だーーーーっと数字が揃っているか見ていきます。

x がついたページ「しかない」のとか
抜けているのとか

を発見すると、その月のテキストの残骸の山からそのページを掘り起こしてきて
1100でスキャンします(こういう時は1100の方が楽)。

ずっとMacBookで1300、MacBook Proで1100にしていたけど、
1100附属のソフトで1300を使っても問題ないみたいで、
MacBook Proでつなげかえて使うこともあります。
(でも2台のマックで別々につなげて使った方がいろいろ便利)

ダブっているページは、「きれいな方」を残します。

これで、一月分のノートとJPEGファイルが揃いました。
ページ番号をうつときに向きもちゃんと直してあります。

あとは速いですよ。

4ページまとめてノートに放り込み。
念のためにページが揃っているかみて。
4ページ分のJPEGをゴミ箱に入れ。

・・・・の、繰り返し。

同期中にいじるとダブって保存されたりするので、
ノート作成作業は、同期しないノートブックでやるのがコツです。

ある程度できたところで、Kb09 という同期するフォルダに送ります。
同期している間は次の月のスキャンをしたり
ファイル名のチェックをしたりします。

さらにその4につづく
にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村
応援してくださる方は、Amazon からお買い物の時に次のリンクから買っていただけますと幸いです。→Amazon

Autorin: Joe , Kategorie «JPEG, PDF, Evernote» , 09.02.2011 14:56 JST